踊り続けよう煌めく世界

モダンダンスに育てられたアラサーがTravisJapanのダンスにハマった話。

私が知らないTravisJapan

※1/29に放送されたRIDE ON TIMEの感想です。

ネタバレも含みますので、読んでいただける方々はよろしくお願い致します。

 

 

 

今さらですが、、、

自分、だいぶ回りくどいです。

全ての場面で感想言いたくなります。

だからいつもブログが長い。

すいやせん。

 

 

 

私は2020年8月にTravisJapanにハマりました。

出会ったのは1〜2月の「ザ少年倶楽部」です。

 

当たり前だけど、2020年8月以前のTravisJapanのことはよく知りません。

でも、YouTubeや雑誌、Twitterやインスタなどの情報から、TravisJapanを「知っている気分」になっている自分がいました。

薄々感じてはいたのですが、そのことを身にしみて実感したROTでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーマはTEAM。

予告映像では「仲が良くない」「馬が合わない」などの発言もあり、予告の記事にも「確執」という言葉が載っていて。

なんとなく聞いたことのあった情報だったけど、本人たちの口から聞くのは初めてで。

この情報は本当だったんだなって。

そんな時代のダンスはどんな感じだったのか、是非とも見たくなりました。仲良くないのにシンクロダンスって、想像つかないです。

 

松松ヒストリーをよく知らない私でも、この2人のニコイチ感はアツい。

ちゃかまちゅ、しめまちゅ、のえげん、しずげんなど、いろんな組み合わせはあるけど、松松は超えられないよね。

ってくらいに私は松松のことが好きらしい。(突然の告白失礼します)

 

松松の本心は知らないけれど、いろんな葛藤や苦労もあるだろうけれど、

私が見る松松はいつも何事も楽しそう。

かっこよくて、かわいくて、面白くて、元気をもらえて、癒される。

2人でいるときはもちろん、他のメンバーといるときも、この2人からは陽の気を感じる。

松松が松松しているときは、5人もニコニコしてるから、松松のこと大好きなんだな〜ってほっこりして、私もニコニコしてしまう。

あ!歌い方も松松がタイプです。(突然の告白2回目)

 

今回の放送では、

まつくがしめちゃんをほぐしていて、元太がのえるくんをはがしていて、

やっぱり松松かよ〜

と大声で叫びたくなった。

 

松松のVIVIマークとマルイマーク、可愛すぎましたね。

マルイのCM出てほしい!

 

 

 

 

 

しめちゃんが運転しているシーンは、助手席に乗っている気持ちになり、リアタイしたときは発言が耳に入ってこなかったです。

しめまちゅデートも癒されてたら終わりました。

なのでTVerで見返しましたが、しめちゃんの大事な話がたくさんあって。

運転する姿のかっこよさに気持ちを持って行かれがちだったけど、虎者の最終リハーサルでまつくの衣装を直しているシーンが、1番かっこよかった。

いつもならしめまちゅは戯れあってケンカしてるギャル姉妹のイメージなので(ごめんなさいギャル姉妹も好きですよ)、このシーンはしめちゃんが頼もしい兄貴だった。

しめちゃんが財布出さなくても許す!笑

というか、どこまでもギャップの幅がすごい人だなぁ。

どれだけの顔があるんだろう?全く掴めない。

ミステリアスと言えば北斗くん(SixTONES)だけど、しめちゃんも私の中ではミステリアスです。もちろん北斗くんとは種類が違います。

愛のかたまり、ソークレ、和楽器トラジャの影響で、だいぶしめちゃんに心を奪われている私ですが、また一段と心を奪われました。

もっともっとしめちゃんのいろんな姿を見たいし、その度に驚きたい。

ちなみに今一番見てみたいのは、しめほくが歌う「僕が僕じゃないみたいだ」です。ライアーライアーのDVDに特典で映像つけませんか?(まだCDも発売されてないし映画もやってない)

 

 

 

 

 

続いて、のえるくん

今回はのえるくんのターンと呼ぶべきなのかもしれません。

いろんな武器を持っているのえるくん。

呼ばれたクイズ番組では必ず結果を残し、日頃の勉強も欠かさず、それでいてアクロバットからピアノまでこなしてしまい、歌とダンスが素晴らしいのはもちろんのこと、英語も喋れて、ブログでの表現力も豊富で、自粛期間には手話を習得してパフォーマンスにも落とし込んでいるのえるくん。

こんなに何でもできるのは、私には想像できないほどの努力があるはず。

 

これだけ自分に厳しい人だから、他人にもそれなりに厳しくないとおかしい!と思ってたけど、

昔は他人にも厳しかったようで、ちょっと安心しました。

ブログでファンに向けてはいつも優しくてあたたかい言葉をかけてくれるから、自分にだけこんなに厳しくして、自分のことを追い込みすぎじゃないのかな、、、ってちょっと心配してました。

 

俺にできるんだからみんなできるんじゃないか(ニュアンス)

って思ってたのは、頑張ってるから思えるのであって、頑張ってない人には思えないことだよ。

 

からしたらのえるくんは、本当にいろんなものを持っている人なので、あの状態でものえるくんが言うように「自信がない」のだとしたら、今後どれだけのものを身につけていくんだろう?

可能性が広がれば広がるほど、やりたいことも増える気がする。

のえるくんが自信がなくとも、今の状態が「楽しい」ならいいなぁ。

 

なんとなく今気づいたけど、このタイミングで言うことじゃないかもしれないけど、そういえば私は「自信がない」人の方が好きです。(またもや突然の告白)

正しくは、「自信がない」って人前で言える人、かもしれない。

これは裏を返せば、「自信を持ちたい」ってことだと思うから。

現状の自分に満足せずに頑張っている証拠だと思うから。

自信のなさをパフォーマンスでは出さないから、トラジャのダンスは上手いだけじゃない魅力があるんだと思う。

 

今ののえるくんは、きっといろんな葛藤の中で出来上がったのえるくんの姿なんだろうけど、それを作ったのがTEAMトラジャのメンバーでもあるんだよね。

 

TEAMというテーマでのえるくんがこれだけ取り上げられていることこそが、

のえるくんが個人でも様々なことをとても頑張りながらも、トラジャでいることを続けた強い意志であるような気がした。

なんか日本語変だな、、、言いたいこと伝われー!!!

 

きっといろんな選択肢があったであろう中で、アイドルの道を選んで続けてくれたのえるくんには感謝しかありません。

本当にありがとう。

 

 

 

 

 

先週のしずやのときにも、うみんちゅがお休みしているときにも思ったことだけど、

TravisJapanは

7人揃ってはじめてTravisJapan

なので、

箱推しの私としては、

トラジャとして走り出した9人にも、

やめるかどうか迷いながらもトラジャを守り抜いた5人にも、

途中から加わりトラジャの光となった松松にも、

今頑張っている7人にも、

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

コロナ禍で「当たり前は当たり前じゃない」ことを深く知った1年だったせいもあり、

トラジャの存在も当たり前ではないことを深く実感してしまいました。

 

だからこそ、大切に応援したいし、感謝したい!!!

 

 

 

 

 

トラジャのすごいところは、

すごい感を出さないところ

だと私は個人的に思っていて、

ダンスも難しい振り付けでめちゃくちゃ踊れるのに、

俺たちすごいことしてますよ!のアピールはないんだよね。

 

ちなみに、

どの道においても、

すごすぎてしまうと、

本当の意味でどれだけすごいのか

はその道のプロにしかわからないんじゃないか、、、

とも思っている。

 

なので、

前回のYOSHIEさんや、

今回のトランポリンの中田さんが、

トラジャのことを褒めてくださったのは、

本当に本当にすごい証拠なんだなぁって思って。

 

虎者のトランポリンを配信で見たときは

すごい!

頑張れー!

気をつけてー!

の気持ちで見てたけど、

 

まさか全日本に出てる人たちでも難しいことをしてるなんて、、、

 

努力は人様に見せるものじゃないかもしれないけど、

彼らの努力のとんでもなさをどうやったって私は本当には知ることはできない。

 

新参者だから知らない部分も、

ハマってからも知ることのできない部分も、

全部含めてTravisJapan。

 

知らないことは悲しいかもしれないけど、

知らないことは知らなくて良い世界かもしれないけど、

知らないからこそ応援したい気持ちが増し増しになりました。

 

 

 

 

 

 

ここで、独り言を。

 

トラジャのパフォーマンスは

お金を払えないと見られないもの

として、どんどん世に売り込んでいってほしいです。

 

YouTubeやテレビで見られたら、それはもちろんありがたいし嬉しいことだけど、

その方がたくさんの人に知ってもらえて、良い点もあるのだろうけれど、

なんなら、私も少クラとBSフジとYouTubeで存在を知った人間だからなおさらだけど、

 

彼らがやろうとしていることを簡単に見ようとするのはなんか違う気がするのでした。

 

舞台に立つ、ってそれだけすごいことだと思うから。

 

ただ、、、

いつか虎者も円盤やWOWOWで見られる世界が来てほしい。

(わたしがWOWOWに入ってるのは、映画が見られることに加えて、舞台も見られるからなんです。劇団☆新感線の髑髏城シリーズは現場でもWOWOWでも見た人です。)

お金なら払いますから!!!!!

 

 

 

 

 

 

最後に!

そういえば!

一番最後の背中の2人がとても印象的でした。

元太の笑顔がキラッキラで最高でした。

のえるくんの自然に出てくる笑顔も人間味溢れる表情も恋でした。

前回に引き続き、しずやの喋り方が自然体で好きでした。

しめちゃんはかっこよすぎてしめちゃんと呼んだらいけない気がしてきました。

うみんちゅのファンを大切にする姿勢が愛でした。

トランポリン練習での宮近くんは安定のリーダーでした。

まつくのしめちゃんへのツッコミが的確でした。

元太インタビューの後ろでボール蹴ってたのは松倉くんですか?

フットサルの映像買うのでください。

のえるくんに湿布を貼ってもらいたい人生でした。

 

7人が好き。担当決められません。

 

 

 

 

 

 

 

次回の予告には、、、屋良くん!!!!!

踊ることを頑張りすぎないでのお言葉。

前回のYOSHIEさんも

抜くところは抜いた方が良い(ニュアンス)

って言っていたので、

ダンスにおいても新しい発見がある気がして、今から楽しみです!!!

(あ、、、ブログ書いたらまた自分の話をしちゃう感じになるかな?🤔)

意思のシンクロにもとても興味が湧いている。

シンクロダンスについて語りたい。

 

 

 

 

 

【本日の総評】

もっともっと応援するぞ!!!